保護者の声

保護者の声

選手の保護者の方々からコーチ・サッカー・スクールの感想をお聞きしました。

■K.T選手 保護者様 (小学6年生)

短期目標・中期目標・長期目標など常に目標設定をしてトレーニングに取り組むことで、技術だけでなく、メンタル面でも成長が感じられます。

■R.Y選手 保護者様 (小学5年生)

消極的な言動や行動が薄れ、行動や言動に責任感が現れるとともに非常に自信に満ちた子供に成長してきたことを実感します。
サッカーだけでなく、勉強への姿勢も積極的になりました。もちろん遊ぶ時も真剣に!
メンタル面が強くなり、失敗からの立ち直り、気持ちの入れ替えも早く、前向きにできるようになりました。

■K.K選手 保護者様 (小学6年生)

いろいろな経験をさせてもらい、技術的にも精神的にも成長したと思います。
合宿やイベントに参加することで、仲間意識が強くなりました。

■S.F選手 保護者様 (小学6年生)

テクニックや体力はもちろん、自分で見て考えて動く事が出来るようになり、人として成長したと思います。
元気にあいさつできる子どもたちが増えたと思います。

■D.Y選手 保護者様 (小学6年生)

良いコンディションで練習に臨め、食事などにも気を配るようになりました。
仲間との団結力が強くなりました。

■H.K選手 保護者様 (小学6年生)

最近、目標や将来の夢をはっきり口に出すようになりました。

■T.K選手 保護者様 (小学6年生)

コーチたちの問いかけのおかげで気持ちを高くもって、真剣に練習に取り組めるようになりました。

■S・T選手 保護者様(小学5年生)

1時間という練習時間の中で、意識を高く、楽しそうに考えながら行動し短時間でサッカーのプレーはもちろん、人間性の成長が見る事ができています。
生活の中で週1回1時間の練習を楽しみに日々サッカーだけでなく生活も積極的になりました。

■T・F選手 保護者様(小学4年生)

自分に自信を持てるようになりました。
スクールに通うことにより、学校での集団活動や家族での関係性の中で、しっかり意見を持ち発言し行動に責任を持つようになりました。将来の夢を明確に口に出し、自信を持ってサッカーだけでなく学校でも積極的に関わりが増えたと先生からも聞き、嬉しく感じています。

■K・F選手 保護者様(小学3年生)

子どもから親への会話の中でも特に「質問」が増えました。
スクールに通う前は無口で、何もしゃべらない子だと思っていましたが今は明るく発言するだけでなく、親自身、兄に対しても、積極的に子どもから会話特に「質問」をするようになり、家族が明るくなり、子どもの取組や今後の未来が明るく感じるようになりました。
コーチから親から子のコミュニケーションの流れでなく子どもから親へ質問があることをコーチング・アップという手法だと学び子どもの成長を日々感じています。学校でも先生に会話の中から子どもから質問できるようになると子ども自身の人としての幅が広がりそうだと可能性を感じています。

■K・Ⅰ選手 保護者様(年長)

楽しく体を動かしている我が子の姿を見て嬉しいです。
子供が週に1度のサッカーを楽しみにしています。サッカーの日は休まない!と子供が言いテンション高くはりきってその日は特にはりきって行動しています。